天童荘

天童荘

旬の逸品

白梅椀

立春。雨水。春来る。
二十四節気の最初の節気で、旧暦では新しい年の始まり、または春の始まりを意味しておりました。
特に今年は当地天童も暖冬で全く雪がございませんので、立春に本当の春到来さえ感じてしまいます。
これから春に向かい、景色が様々な色に彩られて参りますが、この四季のうつろいの中に美を見い出し、日本の伝統色が生まれました。長い歴史の中で、植物や生物、染料、その時代の文化などから、多くの人々が様々な感性で色の名前を名付けました。色の名前からは、繊細で微妙な色の違いを感じ取る日本人の感性を知ることができます。
当館の客室名もその伝統色に由来しております。
そして、今月の天童荘懐石にも、鮮やかな「萌黄色」の煮物椀が登場致します。「萌黄色」とは、春先に萌え出る若葉のようにさえた黄緑色、早春を感じさせる清々しい色でございます。
旬の素材だけではない、その季節の旬の色も感じていただけるまさに五感で味わう日本料理にふさわしいメインディッシュ。
毎年この時期だけにお出しする、「萌黄色」と白梅がとても美しい名物煮物椀でございます。
立春。雨水。春来る。
二十四節気の最初の節気で、旧暦では新しい年の始まり、または春の始まりを意味しておりました。
特に今年は当地天童も暖冬で全く雪がございませんので、立春に本当の春到来さえ感じてしまいます。
これから春に向かい、景色が様々な色に彩られて参りますが、この四季のうつろいの中に美を見い出し、日本の伝統色が生まれました。長い歴史の中で、植物や生物、染料、その時代の文化などから、多くの人々が様々な感性で色の名前を名付けました。色の名前からは、繊細で微妙な色の違いを感じ取る日本人の感性を知ることができます。
当館の客室名もその伝統色に由来しております。
そして、今月の天童荘懐石にも、鮮やかな「萌黄色」の煮物椀が登場致します。「萌黄色」とは、春先に萌え出る若葉のようにさえた黄緑色、早春を感じさせる清々しい色でございます。旬の素材だけではない、その季節の旬の色も感じていただける、まさに五感で味わう日本料理にふさわしいメインディッシュ。
毎年この時期だけにお出しする、「萌黄色」と白梅がとても美しい名物煮物椀でございます。
旬の逸品