天童荘

天童荘

旬の逸品

「節分」と「立春大吉」

節分。立春。雨水。
「立春」はまさに春のはじまる日です。
そして「立春」の前日が「節分」でございます。
節分は「季節を分ける」、つまり冬と春の境目という事になります。節分によって鬼とされる穢れや悪を、豆などによって追い払い取り除きます。そして綺麗に清められたところで「立春」という春を迎えます。
古来より日本人は穢れに対して恐怖し忌み嫌っておりましたので、一つの節目を迎えることに清めを行い、穢れを持ち越さないように気を付けておりました。
特に立春は二十四節気の始まりでございますので、その思いが強かったのではないでしょうか。
また「立春」には「立春大吉」という張り紙が禅寺の門に貼られます。立春大吉という文字の形は縦に書くと左右対称です。
縁起が良く厄除けとなり、一年間災いに遭わないという言い伝えがあります。
今月の前菜には、この「立春大吉」の紙を添え、豆のおこわ、いわし(シラス)、鬼の面(人参)、煮物椀替りの鍋には、立春大吉豆腐(胡麻豆腐ふかひれ霙餡)などをご用意致しました。二十四節気の始まりを、是非天童荘懐石でお楽しみくださいませ。

節分。立春。雨水。
「立春」はまさに春のはじまる日です。そして「立春」の前日が「節分」でございます。
節分は「季節を分ける」、つまり冬と春の境目という事になります。節分によって鬼とされる穢れや悪を、豆などによって追い払い取り除きます。そして綺麗に清められたところで「立春」という春を迎えます。
古来より日本人は穢れに対して恐怖し忌み嫌っておりましたので、一つの節目を迎えることに清めを行い、穢れを持ち越さないように気を付けておりました。
特に立春は二十四節気の始まりでございますので、その思いが強かったのではないでしょうか。
また「立春」には「立春大吉」という張り紙が禅寺の門に貼られます。立春大吉という文字の形は縦に書くと左右対称です。縁起が良く厄除けとなり、一年間災いに遭わないという言い伝えがあります。
今月の前菜には、この「立春大吉」の紙を添え、豆のおこわ、いわし(シラス)、鬼の面(人参)、煮物椀替りの鍋には、立春大吉豆腐(胡麻豆腐ふかひれ霙餡)などをご用意致しました。
二十四節気の始まりを、是非天童荘懐石でお楽しみくださいませ。
旬の逸品