天童荘

天童荘

旬の逸品

煮物椀替り
淡雪大根鍋仕立て

大雪。冬至。
立冬を過ぎて寒さが増すにつれ、「大根」の出番が多くなります。おでんでの存在感はもちろん、ブリ、イカ、牛肉などとの出会い(相性)もよく、頬張れば、柔らかい歯ざわりとともに、熱い出汁がしみ出して参ります。冬の到来を感じさせる、日本の冬を代表する野菜でございます。
閑話休題
茶道では寒い冬に行われる「夜咄の茶事」というお茶事がございます。 この夜咄のお料理で意識することは、温かさ。食材、お料理はもちろんの事、それぞれの器に蓋を付ける等、温かさを感じさせることが大事となります。
また献立も、焼物を省略して、炊き合わせとして鍋仕立にしたり致します。まさにこのおもてなしの心は、冬のお懐石にもあてはまるものでございます。
炭や火使い、目でも温かさを感じていただき、料理の温度にいつも以上に気配る...
何よりも「温かい」ことが、最高のごちそうとなります。
今月は、地物の大根と鴨のつみれを赤楽の小鍋仕立てにしてお出し致します。 ※当地天童は昔、鴨が名産でございました。
たっぷりとした蓋つきの赤楽の器を使い、蓋を開けると、卵白と山芋を絶妙の柔らかさで泡立てたものが、さらに中の素材の温度を守ります。 そうすることで出汁がしみた大根と鴨のつみれは、より熱々でお召し上がりいただけます。
あったかい温泉と天童荘懐石、寒い冬のポカポカ温かいおもてなしでございます。
大雪。冬至。
立冬を過ぎて寒さが増すにつれ、「大根」の出番が多くなります。おでんでの存在感はもちろん、ブリ、イカ、牛肉などとの出会い(相性)もよく、頬張れば、柔らかい歯ざわりとともに、熱い出汁がしみ出して参ります。冬の到来を感じさせる、日本の冬を代表する野菜でございます。
閑話休題
茶道では寒い冬に行われる「夜咄の茶事」というお茶事がございます。 この夜咄のお料理で意識することは、温かさ。食材、お料理はもちろんの事、それぞれの器に蓋を付ける等、温かさを感じさせることが大事となります。
また献立も、焼物を省略して、炊き合わせとして鍋仕立にしたり致します。まさにこのおもてなしの心は、冬のお懐石にもあてはまるものでございます。
炭や火使い、目でも温かさを感じていただき、料理の温度にいつも以上に気配る...
何よりも「温かい」ことが、最高のごちそうとなります。
今月は、地物の大根と鴨のつみれを赤楽の小鍋仕立てにしてお出し致します。
※当地天童は昔、鴨が名産でございました。
たっぷりとした蓋つきの赤楽の器を使い、蓋を開けると、卵白と山芋を絶妙の柔らかさで泡立てたものが、さらに中の素材の温度を守ります。 そうすることで出汁がしみた大根と鴨のつみれは、より熱々でお召し上がりいただけます。
あったかい温泉と天童荘懐石、寒い冬のポカポカ温かいおもてなしでございます。
旬の逸品