天童荘

天童荘

旬の逸品

「桜」と「鯛」

清明。穀雨。桜月。
春爛漫、桜の時期になると色鮮やかな景色に心が躍ります。
そしてこの時期の「旬」を楽しむ食材のひとつが「桜鯛」でございます。日本人にとって特別の花である「桜」と祝い事などにかかせない縁起物の「鯛」。真鯛は赤い色がめでたいとされ、七福神の恵比須様も鯛を釣り上げた御姿をしております。
とりわけ桜の花が咲き始める3月から5月にかけて、産卵期を迎える直前の真鯛は、肌を桜色(ピンク色)に輝かせることから、桜鯛(花見鯛)と呼ばれます。
産卵を控えているため、味については様々意見が分かれるところではございますが、それを差し引いても、鮮やかな視覚が春らしさを演出してくれることは間違いなく、伝統的な日本料理において、真鯛の旬は紛れもなく春であり、それを前提に料理に季節感を添え、真鯛を愛で続けて参りました。
味だけではない季節感を楽しむ、日本料理の奥深さを感じる所以でもございます。
今月は、そんな春の訪れを告げる「桜鯛」を繊細な桜の器に盛りつけ、華やかでめでたい、桜楽懐石(桜を楽しむ懐石)をご準備させていただきました。
是非お花見気分で一献お楽しみくださいませ。
清明。穀雨。桜月。
春爛漫、桜の時期になると色鮮やかな景色に心が躍ります。
そしてこの時期の「旬」を楽しむ食材のひとつが「桜鯛」でございます。日本人にとって特別の花である「桜」と祝い事などにかかせない縁起物の「鯛」。真鯛は赤い色がめでたいとされ、七福神の恵比須様も鯛を釣り上げた御姿をしております。
とりわけ桜の花が咲き始める3月から5月にかけて、産卵期を迎える直前の真鯛は、肌を桜色(ピンク色)に輝かせることから、桜鯛(花見鯛)と呼ばれます。
産卵を控えているため、味については様々意見が分かれるところではございますが、それを差し引いても、鮮やかな視覚が春らしさを演出してくれることは間違いなく、伝統的な日本料理において、真鯛の旬は紛れもなく春であり、それを前提に料理に季節感を添え、真鯛を愛で続けて参りました。
味だけではない季節感を楽しむ、日本料理の奥深さを感じる所以でもございます。
今月は、そんな春の訪れを告げる「桜鯛」を繊細な桜の器に盛りつけ、華やかでめでたい、桜楽懐石(桜を楽しむ懐石)をご準備させていただきました。
是非お花見気分で一献お楽しみくださいませ。
旬の逸品