天童荘

天童荘

旬の逸品

本日は土用の丑、鰻食うべし

小暑。大暑。土用の丑。
令和4424日天童荘のうなぎ専門店「うなぎ勘治郎」がオープン致しました。
当館の前身は鰻屋であり、初代伊藤勘治郎が文明開化で賑わう江戸で鰻丼を食し、その美味しさに感動し、その後舞鶴山の麓、旧東村山郡役所(現天童織田の里歴史館)隣に鰻割烹「東亭」を開業したのがはじまりでございます。 以来、「鰻の蒲焼き」は天童荘伝統の味として一子相伝守り伝えてまいりました。
これまでは鰻のみの提供はせず、天童荘懐石の〆のお食事の中でご提供してまいりましたが、新店舗開店により、広く皆様にお召し上がりいただくことが可能となりました。
そして今月は、開店して初めての土用の丑の日がございます。
今年は6月から猛暑日が続く異例の暑さ......そしてまだまだ暑い日が続きます。 まさに鰻を食べるには最高の時期。ある意味最高の旬でございます。
山形の美味しいお米・国産の鰻(新仔)・秘伝のタレの三位一体に選りすぐりの紀州和歌山の山椒。 (うなぎ勘治郎のシンボルマークもこの鰻重の三大要素で構成されております)
夏の風物詩、スタミナ食材のうなぎでパワーチャージ!
当館にとって、今年の土用の丑の日は、新しい歴史のはじまり。
いつにもまして暑く、そして熱い丑の日となりそうでございます。 店内での飲食はもちろん、テイクアウトもござますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
小暑。大暑。土用の丑。
令和4424日天童荘のうなぎ専門店「うなぎ勘治郎」がオープン致しました。
当館の前身は鰻屋であり、初代伊藤勘治郎が文明開化で賑わう江戸で鰻丼を食し、その美味しさに感動し、その後舞鶴山の麓、旧東村山郡役所(現天童織田の里歴史館)隣に鰻割烹「東亭」を開業したのがはじまりでございます。 以来、「鰻の蒲焼き」は天童荘伝統の味として一子相伝守り伝えてまいりました。
これまでは鰻のみの提供はせず、天童荘懐石の〆のお食事の中でご提供してまいりましたが、新店舗開店により、広く皆様にお召し上がりいただくことが可能となりました。
そして今月は、開店して初めての土用の丑の日がございます。
今年は6月から猛暑日が続く異例の暑さ......そしてまだまだ暑い日が続きます。 まさに鰻を食べるには最高の時期。ある意味最高の旬でございます。
山形の美味しいお米・国産の鰻(新仔)・秘伝のタレの三位一体に選りすぐりの紀州和歌山の山椒。 (うなぎ勘治郎のシンボルマークもこの鰻重の三大要素で構成されております)
夏の風物詩、スタミナ食材のうなぎでパワーチャージ!
当館にとって、今年の土用の丑の日は、新しい歴史のはじまり。
いつにもまして暑く、そして熱い丑の日となりそうでございます。 店内での飲食はもちろん、テイクアウトもござますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
旬の逸品