天童荘

天童荘

旬の逸品

桜重ね煮物椀

清明。穀雨。さくら、さくら。
春と言えば桜です。
「世の中にたえてさくらのなかりせば春の心はのどけからまし」これは「古今和歌集」に収録されている在原業平が読んだ有名な歌ですが、桜に対する特別な日本人の心をもっともよく表現しているのではないでしょうか。
葉をつけることなく、桜の木一面がピンク色に花が咲き誇るその美しさは、まさに日本の美しさの象徴でございます。
しかし花の美しい時期は一瞬で、そして、その美しさを残すことなく、すぐに散ってしまう・・・・・・。
まさに「今しかない」最高の美しさ。 この「瞬間の美しさ」を日本人は非常に大事にしているのです。
今月の煮物椀はそんな感性を日本料理で表現した逸品でございます。 匠の技が光る幾重にも重なった、淡く美しい桜の花・・・・・・。そして繊細な出汁。
その他のお料理も、花見の宴、春の宴にふさわしいお料理でございます。 春爛漫、わくわくするサプライズなお懐石をお楽しみください。
清明。穀雨。さくら、さくら。
春と言えば桜です。
「世の中にたえてさくらのなかりせば
春の心はのどけからまし」
これは「古今和歌集」に収録されている
在原業平が読んだ有名な歌ですが、
桜に対する特別な日本人の心を
もっともよく表現しているのでは
ないでしょうか。
葉をつけることなく、
桜の木一面がピンク色に花が咲き誇る
その美しさは、まさに日本の美しさの
象徴でございます。
しかし花の美しい時期は一瞬で、
そして、その美しさを残すことなく、
すぐに散ってしまう・・・。
まさに「今しかない」最高の美しさ。
この「瞬間の美しさ」を日本人は
非常に大事にしているのです。
今月の煮物椀はそんな感性を日本料理で
表現した逸品でございます。
匠の技が光る幾重にも重なった、
淡く美しい桜の花・・・。
そして繊細な出汁。
その他のお料理も、花見の宴、春の宴に
ふさわしいお料理でございます。
春爛漫、わくわくするサプライズな
お懐石をお楽しみください。
旬の逸品